抗がん剤EC療法1クール目(術前化学療法)④

こんにちは(*ˊᵕˋ*) 『あるまま』です。 訪問ありがとうございます。乳がん・心不全・精神疾患・生活のQOLについては「ArutoRetori♡House」をクリックお願いします(*‘ω‘ *) ベッドに2週間もいると Continue Reading →

抗がん剤EC療法1クール目(術前化学療法)③

こんにちは(*ˊ˘ˋ*) 『あるママ』です 訪問ありがとうございます。乳がん・心不全・精神疾患・生活のQOLについては「ArutoRetori♡House」をクリックお願いします(*‘ω‘ *) だいじょうぶ大丈夫 涙が Continue Reading →

風邪と間違われやすい【心不全】の症状

リアルタイムでお届けしています(ᐡ ᴗ ᴗ)” ( *ˊᗜˋ)ノこんにちゎꕤ*.゚ 『あるママ』です 今日……… うつ伏せでお気楽に本読んでたら、突然襲ってきました、気分が Continue Reading →

えっ?緊急入院今何て言いました?【心不全】

リアルタイムでお届けしています(ᐡ ᴗ ᴗ)” こんにちは(*´ω`*)ノ)) 『あるママ』です 訪問ありがとうございます。乳がん・精神疾患・生活のQOLについては「ArutoRetori♡House」をクリ Continue Reading →

がんから身を守る生活習慣 がん予防

ギャラリー

がんから身を守るために参考になるお話 女性の社会進出が当たり前になってきている今、がんになっても働き続けている患者さんが増えてきています。そして日本では、50代前半までの若い女性は、男性よりがんと診断される人の数が多いと Continue Reading →

手軽に心の安定 イライラを鎮める『カモミール』

ギャラリー

このギャラリーには1枚の写真が含まれています。

穏やかに安定した人物に 心のゆとりを持てるように 私も愛用していますが 夫にすすめたい『カモミール』 皆さま、いつもご観覧ありがとうございます。   ココロの休息時間  心も身体も温まるハーブティー 『カモミー Continue Reading →

可愛さ倍増!! 多頭飼いの魅力と秘訣

画像

多頭飼いの魅力

そこにただ並んでいるだけでかわいくて何十倍も最高に癒されます

先住犬の1歳♀シーズーと生後5ヶ月の♀シーズーを
妹に迎えて1ヶ月が過ぎました。
姿が見えなくなると心配して探して回る様に
今では仲良く過ごすことが出来ていますが・・・

はじめの1週間が大変でした。

先住犬のとてもヤンチャ娘のこむたん「こむぎ」が大人しくなってしまい
我慢してストレスをためていそうな感じがしてましたがとうとう食欲不振。
自分に寄り付かれるのが嫌でたまらない様子でした。
「君は誰???なぜ私についてくるわん???」

新しく迎えた仔犬「らむね」は、いたずらっ子
お家にも慣れてきた様子、食欲もお旺盛で今のところ心配なし。
遊んでもらおうとみんなに寄ってきます。

 

基本的にはなんでも先住犬を優先

多頭飼いにはもちろん犬同士の相性も大切ですが

先住犬の性格をしっかり理解してあげることが最も大切です。

多頭飼いで失敗しないために、飼い主さんはどのようなことに注意をすれば良いのでしょうか?

 

ーーーーーそれそれに個室(自分の居場所)を準備してあげるーーーーー

静かにゆっくり過ごせるように心の安定が出来る場所を作ってあげよう

先住犬のお気に入りの場所はキープしてあげましょう

少しの時間で良いので飼

い主とマンツーマンで遊び時間を作ってあげよう

犬ごとに決めた場所で食事を与える

 

「多頭飼いに向かないワンちゃんはどんなタイプ⁇」

新たな家族を迎え入れたいと思ったときに、考えなければならないのは先住犬の性格です。

1匹で飼ってあげるのが望ましい犬のタイプ

多頭飼いに向かない犬の特徴

臆病

攻撃性がある

興奮しやすい

甘えん坊

飼い主さんへの依存心が強い

年齢が離れすぎている

小型犬と大型犬の組み合わせ

保護犬

多頭飼い失敗で犬たちに具体的にどんな悪影響が出てくるのか?

多大なストレスがかかり、楽しくない、我慢した生活を強いられます。

排尿・排便、元気や食欲など、1匹1匹をきちんと観察する必要があります。

嘔吐が落ち着くと、下痢が続き・・・『ストレス性腸炎』

「多頭飼いのご家庭では良くあることなんです」

早い子であれば2~3日で精神も落着きケロッと元気になる子も

いますが2~4週間ほどかかる子もいます。

二匹が早く慣れてほしいと、遊ばせる機会を増やしたいのですが
かえって先住犬のストレスになります。

 

どのように慣らしたらよいの?

リビングなど同じ場所でで子犬をケージに入れたまま、先住犬を自由に遊ばせ自分の意志で子犬に接していくのを待ちます。

子犬は数ヶ月間はケージの暮らしを基本としてフリーに遊ぶ時間は15分程度にしましょう。
はじめは子犬のトイレなどのしつけの為にもケージの中が基本になります。

 

目の届く範囲で二頭とも部屋内でフリーしましょう。
先住犬が困っているようなときは、子犬をケージに戻しましょう。

「もし、新しい子犬を飼わなかったら……」とか、「もし、他のい犬だったら……」などという、もし…は考えない。
目の前の可愛い二匹を、信じて見守ってやりましょう。

そもそも犬は群れで暮らす動物なので独りぼっちは苦手です。

犬というのは群れの中で順位をつけて生活している動物です。


新しくきた犬は先住犬よりも身分が下だということをはっきりさせておかなければいけません。
餌を与える順番などをしっかり決め新しく迎えた犬に自分は下なんだと自覚させるようにしましょう。

 

先住犬と後住犬が同じ犬種だとトラブルが少ないようです。

後住犬を迎えた後は「先住犬ファースト」心掛けましょう。

 

コロナウイルスの感染者の人数が凄いスピードで増加

ギャラリー

このギャラリーには2枚の写真が含まれています。

全国的に新型コロナウイルスの感染者の人数が凄いスピードで増加しています。緊急事態宣言の意味をもう一度考えていかなければいけませんね。 現代社会は、経済的に豊かになり、技術も高度に発達し、より便利で快適な生活が実現している Continue Reading →

ココロの休憩時間

ギャラリー

このギャラリーには3枚の写真が含まれています。

  ストレス社会と呼ばれる現代、職場や学校、家庭などのさまざまな場所・環境においてストレスを感じることがあります。新型コロナウイルスなどの影響もあると思います。気づかないうちにストレスをため込んでいるのかもしれ Continue Reading →

倦怠感・新型コロナウイルスがもたらした増え続ける【起立性調節障害】

ギャラリー

このギャラリーには2枚の写真が含まれています。

新型コロナウイルスがもたらした日常の大きな変化!!感染流行が長く続くことで、患者数が増え続けています。 起立性調節障害 (きりつせいちょうせつしょうがい)(OD:Orthostatic Dysregulation)   Continue Reading →